×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マンションや不動産を扱いたいならこの資格。マンション管理士!

サーチ@マンション管理士

サイトマップ

ブックマークに追加する

サイトイメージ:マンション管理士について徹底分析!「サーチ@マンション管理士」

マンション管理士とは

マンション管理士は、マンション管理組合のコンサルタントに必要とされる一定の専門知識を有している事を証明する国家資格です。

マンション管理士は、専門知識をもってマンション管理組合の運営、大規模修繕等を含む建物構造上の技術的問題、その他マンションの維持・管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者などの相談に応じ、適切な助言や指導、援助等のコンサルティング業務を行う。マンション管理のスペシャリストとして、主に管理組合の立場でマンション管理に関する様々な問題の解決をサポートする職業です。

マンション管理士の主な職務

(1)トラブル対応
マンションが初めて建設された昭和31年以来、急激に増加してきましたが、同時に様々なトラブルも発生しています。 ペットの飼育や騒音などに対する管理意識や生活意識に起因するトラブルを筆頭に、管理組合の運営方法に起因するもの、管理委託契約に起因するもの、売買契約に起因するものと、様々なトラブルが発生しているのが現状です。 「マンション管理士」はこうしたトラブル等に対処、あるいは未然に防止し、マンションの良好な居住環境の確保を図ることを求められています。
(2)資産価値の維持
マンションの登場から、40年以上が経過し、築年数が10年を超えるものが全建築数の半分を超え、また、20年を超えて老朽化しつつあるものは、全建築数の約25%に達しています。

マンション管理が不十分な場合は、資産価値が下落します。そのため、長期の修繕計画が必要になるのですが、マンション入居者には専門的知識がないため、その管理が適切に行われているかチェックが届いていないのが現状です。

そこで、マンション管理に関して管理組合や入居者に、適切なアドバイスができる専門職がマンション管理士です。現在マンションにお住まいの方や、今後マンションの購入を考えている方、マンションの理事の方などは、勉強しておくとなにかと役立つ内容です。